日本をつなぐ新幹線



日本をつなぐ新幹線


上越新幹線

 新幹線の中でも雪の中を疾走するイメージが強いのが上越新幹線でしょう。豪雪地帯を抜けていくこともあって、トンネルやスノーシェルターが多数存在している路線です。これも安全に通行するための措置であり、かなりの工夫が盛り込まれていることがわかります。

 他の路線と大きく異なる点としては、冬季専用の区間があるところでしょう。越後湯沢からガーラ湯沢間は、上越新幹線のみの乗り入れであり、冬季のスキーやスノーボード客に使われています。山陽新幹線にも見られますが、大半の区間を直線とすることによって、高速運転が可能となりました。最高速での走行ができる設計でもあり、新幹線の能力を楽しむこともできる路線です。

 日本の新幹線の中で、一旦名称が消滅すると復活することはありませんでした。ところが、上越新幹線の時だけは「あさひ」を解消することでいったん消滅した「とき」が復活しています。佐渡のときというイメージがあったことも確かですが、特急のときのイメージも強く、廃止から復活を強く望まれていたことも大きな要因となりました。関係機関からJRに働きかけることによって復活したのですから、それだけ特別に愛された名称だったといえるのです。